NCホールディングス(6236)の株価 買いサイン分析

※サイン情報(買いサイン・隠れサイン)は、あくまでも当サイト独自の分析ですので、今後の上昇等を保証するものではありません。
投資に関する売買判断はご自身で行うようお願いします。

NCホールディングスに関する現在の動向や注目度、チャート分析により抽出するサイン情報など毎日
更新していますので、参考材料の一部としてご覧ください。

NCホールディングスの気になる動向をピックアップ!

好材料となる動き(大小問わず)を中心にお知らせします。

サイン
8/14(水) 09:20 に、買いサイン「トレンドライン突破初日」点灯を予想後、8/20(火)時点での上昇率は-12.50%(サイン点灯を予想した8/14 09:20時点の株価より計測)
8/13(火)
yahoo掲示板 賑わい度
  • 現在]-----
  • 週間]-----
  • 月間]-----

現在のサイン情報

8/14 09:20に買いサイン「トレンドライン突破初日」点灯を予想

※「買いサイン・隠れサイン」は、あくまでも当サイト独自の分析ですので、今後の上昇を保証するものではありません
ステータス
買いサイン監視中
買いサイン点灯【予想】
追 跡 中
追跡状況
4日目

「追跡中」とは、買いサイン点灯予想後の上昇率計測期間のステータスを指します。「追跡中」ステータスは10日間続き、毎日18:05頃その日の上昇率(サイン点灯予想時の株価と最新日の終値との比較)を更新します。

また、買いサインはステータス管理をしている都合上、この「追跡中」期間が終了するまではNCホールディングス(6236)に対し、新たな買いサインが掲載されることはありませんが、この間のチャートの動きを監視するために買いサインとは別に「隠れサイン」という機能があります。一日に一度更新する隠れサインは、チャート形状が好材料と言えそうな場合には「隠れサイン状況」タブに掲載します。買いサインと隠れサインの違いなど詳しくは「解説-買いサイン・隠れサイン」タブを参照してください。

買いサイン点灯予想時(8/14 09:20)からの推移
サイン点灯予想時の株価
568
(8/14 09:20)
最高上昇率(サイン点灯予想後~現在)
-10.04 %(-57 円)
現在上昇率(8/20時点)
-12.50 %(-71 円)

※上記の両上昇率は買いサイン点灯を予想した時点(8/14 09:20)の株価を元に算出しています。

隠れサイン出現履歴
出現日 隠れサイン 前日比 (※)
8/16 -3.52%
※前日比:隠れサイン出現日と隠れサイン出現前日との比較です。

買いサインは、チャート形状とザラ場中の株価を元に「これから株価が上がるのでは?」という当サイトの予想を含み検出するサインです。一方、隠れサインは、買いサインのような「これから上がる?」という予想ではなく、現在のチャート形状が好材料と言えそうな場合に幅広く検出するサインとなっていて、買いサインと比較すると、条件設定をやや甘くしたサインと言えます。隠れサインを検出した場合は毎日18:10頃にお知らせします。両サインの詳しい説明は「解説-買いサイン・隠れサイン」タブを参照してください。

買いサインと隠れサインの違い
 買いサイン隠れサイン
サイン抽出に用いるデータ[ザラ場中の株価]と[過去のデータ][その日の終値]と[過去のデータ]
サイン抽出時間帯ザラ場中(10分間隔でサイン検索)18:10頃に一回のみ
サイン抽出後株価の上昇率計測(10日間)-
機能特色株価上昇の予想好材料なチャート形状の検出
買いサインとは

買いサインは、チャート形状とザラ場中の株価を元に、「これから株価が上がるのでは?」という当サイトの予想を含み検出するサインです。また、サイン検出後は10日間の上昇率計測期間(=ステータス「追跡中」期間)を設け、その後の株価を監視します。システム都合上、この間は他の買いサインは検出されません。

隠れサインとは

隠れサインは、買いサインのような「これから上がる?」という予想ではなく、現在のチャート形状が好材料と言えそうな場合に幅広く検出するサインとなっています。買いサインと比較すると、条件設定をやや甘くしたサインと言えます。

なお、条件設定の甘さゆえに「隠れサインのみ検出される」「連日同一隠れサインが検出される」「買いサイン・隠れサイン双方で同一サインが検出される」などのケースもありますが、その場合は以下のように画面表示しています。

・「隠れサインのみ検出された場合」:隠れサインを表示
・「連日同一隠れサインが検出された場合」:当該サインを最新日付にのみ表示
・「買いサイン・隠れサイン双方で同一サインが検出された場合」:買いサイン側にのみ表示
サインが2種類ある理由

買いサインは上記説明の通り、サイン検出後は上昇率計測期間に入るため10日間は他の買いサインは検出されません。そこで、この期間中でもチャートの動きを監視できる買いサインの補助的機能が必要なため、隠れサインというものがあります。余談ではありますが、そもそも隠れサインという名称は、この上昇率計測の10日間で埋もれてしまっているサインを表現するために付けたもので、名称自体に特に深い意味はありません。

過去のサイン実績

予想回数 11 … 買いサイン点灯を予想した回数(株価上昇を予想した回数)
的中率 82%(9勝2敗) … 買いサイン点灯予想後10日以内に予想時の株価を上回る日があれば「的中」
total上昇率 +33.04% … 各予想の10日以内の最高上昇率を合算

NCホールディングス(6236)には、過去半年間で11回の買いサイン点灯を予想しました。

株価は上がったのか、予想後10日以内の最高上昇率に着目した各予想の経過を以下に掲載しています。

上表はこれらをまとめた独自ルール(上表右)に基づく参考実績です。

買いサイン予想と実績
NCホールディングス
最高上昇率 +0.42 %(2019/07/30)

2019/07/22 16:00に 押し目からの反発初日 予想後、株価は予想時の480円から、7/30には482円と最大+0.42% まで上昇

(2019/07/22 ~ 2019/08/05の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +1.44 %(2019/07/11)

2019/06/27 10:40に 三角保ち合い上放れ初日 予想後、株価は予想時の486円から、7/11には493円と最大+1.44% まで上昇

(2019/06/27 ~ 2019/07/11の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +2.07 %(2019/06/17)

2019/06/12 11:00に ゴールデンクロス 予想後、株価は予想時の483円から、6/17には493円と最大+2.07% まで上昇

(2019/06/12 ~ 2019/06/26の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +1.25 %(2019/06/10)

2019/05/28 09:20に 上値抵抗線突破初日 予想後、株価は予想時の480円から、6/10には486円と最大+1.25% まで上昇

(2019/05/28 ~ 2019/06/11の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 -4.39 %(2019/05/15)

2019/05/13 10:00に 暴落からの反発初日 を予想するも、株価は予想時の501円を上回ることなく、最高でも5/15の479円(-4.39%)と下げました

(2019/05/13 ~ 2019/05/27の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +3.53 %(2019/04/24)

2019/04/17 09:40に ダブルボトムからの反発 予想後、株価は予想時の539円から、4/24には558円と最大+3.53% まで上昇

(2019/04/17 ~ 2019/05/09の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +3.05 %(2019/04/15)

2019/04/01 11:50に 三角保ち合い上放れ初日 予想後、株価は予想時の524円から、4/15には540円と最大+3.05% まで上昇

(2019/04/01 ~ 2019/04/15の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +5.36 %(2019/03/26)

2019/03/14 10:30に トレンドライン突破初日 予想後、株価は予想時の504円から、3/26には531円と最大+5.36% まで上昇

(2019/03/14 ~ 2019/03/29の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +5.03 %(2019/03/04)

2019/02/26 13:50に 上値抵抗線突破初日 予想後、株価は予想時の497円から、3/4には522円と最大+5.03% まで上昇

(2019/02/26 ~ 2019/03/12の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 -3.27 %(2019/02/01)

2019/01/31 10:20に 暴落からの反発初日 を予想するも、株価は予想時の520円を上回ることなく、最高でも2/1の503円(-3.27%)と下げました

(2019/01/31 ~ 2019/02/15の追跡結果より)
NCホールディングス
最高上昇率 +18.55 %(2019/01/09)

2019/01/08 15:10に 上値抵抗線突破初日 予想後、株価は予想時の539円から、1/9には639円と最大+18.55% まで上昇

(2019/01/08 ~ 2019/01/23の追跡結果より)
FXを始めようかなと思っている方、まずはFX会社を選んでみては?
どのFX会社で取引したら良いのか?選び方は色々ありますが、例えば「DMM FX」は国内の口座開設者数No.1(※)なので、最も多くの人に選ばれているFX会社と言うことになります。また「みんなのFX」は取引通貨1,000通貨から取引することができます。最低取引通貨単位が1万通貨のFX会社と比較すると、10分の1のリスクでFXを始めることができます。
  • FX口座数『国内第1位』※
  • 抜群の操作性、豊富な取引ツール
  • 取引コスト業界最安水準
  • ポイントが貯まり現金化できる
  • 業界初のLINEカスタマーサポート
※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
(2019年1月口座数調査報告書)
  • 取引コスト業界最安水準
  • 使いやすい取引ツール
  • 少額の資金から取引可能
  • 充実のFXセミナー
  • 24時間サポート
このエントリーをはてなブックマークに追加